孫子全文 書き下し文

孫子 全文(書き下し文)|孫子の兵法

更新日:

孫子の兵法

孫子 全文(書き下し文)

このページでは、孫子(孫子の兵法)の全文について、書き下し文をまとめて記載しています。

一章:計篇

孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。

ゆえにこれを経るに五事をもってし、これを校ぶるに計をもってして、その情を索む。一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法なり。

道とは、民をして上と意を同じくし、これと死すべくこれと生くべくして、危きを畏れざるなり。天とは、陰陽・寒暑・時制なり。地とは遠近・険易・広狭・死生なり。将とは、智・信・仁・勇・厳なり。法とは、曲制・官道・主用なり。

およそこの五者は、将は聞かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。ゆえにこれを校ぶるに計をもってして、その情を索む。曰く、主いずれか有道なる、将いずれか有能なる、天地いずれか得たる、法令いずれか行なわる、兵衆いずれか強き、士卒いずれか練いたる、賞罰いずれか明らかなると。われこれをもって勝負を知る。

将わが計を聴くときは、これを用うれば必ず勝つ、これを留めん。将わが計を聴かざるときは、これを用うれば必ず敗る、これを去らん。計、利としてもって聴かるれば、すなわちこれが勢をなして、もってその外を佐く。勢とは利に因りて権を制するなり

兵は詭道なり

ゆえに能なるもこれに不能を示し、用なるもこれに不用を示し、近くともこれに遠きを示し、遠くともこれに近きを示し、利にしてこれを誘い、乱にしてこれを取り、実にしてこれに備え、強にしてこれを避け、怒にしてこれを撓だし、卑にしてこれを驕らせ、佚にしてこれを労し、親にしてこれを離す。その無備を攻め、その不意に出ず。これ兵家の勝にして、先には伝うべからざるなり。

それいまだ戦わずして廟算して勝つ者は、算を得ること多ければなり。いまだ戦わずして廟算して勝たざる者は、算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。しかるをいわんや算なきにおいてをや。われこれをもってこれを観るに、勝負見わる。

二章:作戦篇

孫子曰く、およそ兵を用うるの法は、馳車千駟、革車千乗、帯甲十万、千里にして糧を饋るときは、すなわち内外の費、賓客の用、膠漆の材、車甲の奉、日に千金を費して、しかるのちに十万の師挙がる。

その戦いを用なうや久しければすなわち兵を鈍らせ鋭を挫く。城を攻むればすなわち力屈き、久しく師を暴さばすなわち国用足たらず。それ兵を鈍からせ鋭を挫き、力を屈くし貨を殫くすときは、すなわち諸侯その弊に乗じて起こる。智者ありといえども、そのあとを善くすることあたわず。

ゆえに兵は拙速を聞くも、未だ巧の久しきを睹ざるなり。それ兵久しくして国の利する者は、いまだこれあらざるなり。ゆえにことごとく用兵の害を知らざる者は、すなわちことごとく用兵の利をも知ることあたわざるなり。

善く兵を用うる者は、役は再びは籍せず、糧は三たびは載せず。

用を国に取り、糧を敵による。ゆえに軍食足るべきなり。国の師に貧なるは、遠く輸せばなり。遠く輸さば百姓貧し。師に近き者は貴売すればなり。貴売すればすなわち百姓は財竭く。財竭くればすなわち丘役に急にして、力屈し財殫き、中原のうち、家に虚しく、百姓の費、十にその七を去る。公家の費、破車罷馬、甲冑矢弩、戟楯蔽櫓、丘牛大車、十にその六を去る。ゆえに智将は務めて敵に食む。敵の一鍾を食むは、わが二十鍾に当たり、きかん一石は、わが二十石に当たる。

ゆえに敵を殺す者は怒りなり。敵の利を取る者は貨なり。ゆえに車戦に車十乗已上を得れば、そのまず得たる者を賞し、しかしてその旌旗を更め、車は雑えてこれに乗らしめ、卒は善くしてこれを養わしむ。これを敵に勝ちて強を益すと謂う。

ゆえに兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず。ゆえに兵を知るの将は、生民の司命、国家安危の主なり。

 

三章:謀攻篇

孫子曰く、およそ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。

軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。

このゆえに百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり

ゆえに上兵は謀を伐つ。その次は交を伐つ。その次は兵を伐つ。その下は城を攻む。攻城の法は、やむを得ざるがためなり。

櫓・轒・轀櫓を修め、器械を具うること、三月にして後に成る。距闉また三月にして後に已わる。将その忿りに勝えずしてこれに蟻附すれば、士を殺すこと三分の一にして、城の抜けざるは、これ攻の災いなり。

ゆえに善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも戦うに非ざるなり。人の城を抜くも攻むるに非ざるなり。人の国を毀るも久しきに非ざるなり。必らず全きを以て天下に争う。ゆえに兵頓れずして利全くすべし。これ謀攻の法なり。

ゆえに用兵の法は、十なればすなわちこれを囲み、五なればすなわちこれを攻め、倍すればすなわちこれを分かち、敵すればすなわちよくこれと戦い、少なければすなわちよくこれを逃れ、しからざればすなわちよくこれを避く。ゆえに小敵の堅は大敵の擒なり

それ将は国の輔なり。輔周なればすなわち国必ず強く、輔隙あればすなわち国必らず弱し。ゆえに君の軍に患うる所以の者には三あり。軍の進むべからざるを知らずして、これに進めと謂い、軍の退くべからざるを知らずして、これに退けと謂う。これを「軍を糜す」と謂う。

三軍の事を知らずして三軍の政を同じくすれば、すなわち軍士惑う。三軍の権を知らずして三軍の任を同じくすれば、すなわち軍士疑う。三軍すでに惑い且つ疑うときは、すなわち諸侯の難至る。是れを「軍を乱して勝を引く」と謂う。

ゆえに勝を知るに五あり。

戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識る者は勝つ。上下の欲を同じくする者は勝つ。虞をもって不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。

この五者は勝を知るの道なり。ゆえに曰わく、彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。彼を知らずして己を知れば一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に必らず殆うし。

 

四章:形篇

孫子曰く、昔の善く戦う者は、まず勝つべからざるをなし、もって敵の勝つべきを待つ。勝つべからざるは己にあるも、勝つべきは敵にあり。ゆえに善く戦う者は、よく勝つべからざるをなすも、敵をして勝つべからしむることあたわず。ゆえに曰く、勝は知るべくして、なすべからず、と。

勝つべからざる者は守なり勝つべき者は攻なり。守るはすなわち足らざればなり、攻むるはすなわち余あればなり。善く守る者は九地の下に蔵れ、善く攻むる者は九天の上に動く。ゆえによくみずから保ちて勝を全うするなり。

勝を見ること衆人の知るところに過ぎざるは、善の善なる者にあらざるなり。戦い勝ちて天下善しと曰うは、善の善なる者にあらざるなり。ゆえに秋亳を挙ぐるを多力となさず。日月を見るは明目となさず。雷霆を聞くは聡耳となさず。

古のいわゆる善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり。ゆえに善く戦う者の勝つや、智名もなく、勇功もなし。ゆえにその戦い勝ちて違わず。違わざる者は、その措くところ必ず勝つ。すでに敗るる者に勝てばなり。ゆえに善く戦う者は不敗の地に立ち、しかして敵の敗を失わざるなり。このゆえに勝兵はまず勝ちてしかるのちに戦いを求め、敗兵はまず戦いてしかるのちに勝ちを求む。

善く兵を用うる者は、道を修めて法を保つ。ゆえによく勝敗の政をなす。

兵法は、一に曰く度。二に曰く量。三に曰く数。四に曰く称。五に曰く勝。地は度を生じ、度は量を生じ、量は数を生じ、数は称を生じ、称は勝を生ず。ゆえに勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく敗兵は銖を以て鎰を称るがごとし

勝者の民を戦わしむるや、積水を千仞の谷に決するがごときは、形なり。

 

五章:勢篇

孫子曰く、およそ衆を治むること寡を治むるがごとくなるは、分数これなり。衆を闘わしむること寡を闘わしむるがごとくなるは、形名これなり。三軍の衆、必ず敵を受けて敗なからしむるべきは、奇正これなり。兵の加うるところ、碬をもって卵に投ずるがごとくなるは、虚実これなり。

およそ戦いは、正を以って合し、奇を以って勝つ。ゆえに善く奇を出だす者は、窮まりなきこと天地のごとく、竭きざること江河のごとし。終わりてまた始まるは、日月これなり。死してまた生ずるは、四時これなり。声は五に過ぎざるも、五声の変は勝げて聴くべからざるなり。色は五に過ぎざるも、五色の変は勝げて観るべからざるなり。味は五に過ぎざるも、五味の変は勝げて嘗むべからざるなり。

戦勢は奇正に過ぎざるも、奇正の変は勝げて窮むべからざるなり。奇正のあい生ずることは、循環の端なきがごとし。たれかよくこれを窮めんや。

激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり。鷙鳥の疾くして毀折に至るは、節なり。このゆえに善く戦う者は、その勢は険にしてその節は短なり。勢は弩を彍くがごとく、節は機を発するがごとし。

乱は治に生じ、怯は勇に生じ、弱は彊に生ず。治乱は数なり。勇怯は勢なり。彊弱は形なり。

ゆえに善よく敵を動かす者は、これに形すれば敵必ずこれに従い、これに予うれば、敵必ずこれを取る。利をもってこれを動かし、卒をもってこれを待つ。

ゆえに善く戦う者は、これを勢に求めて、人に責めず。ゆえによく人を択てて勢に任ず。勢に任ずる者は、その人を戦わしむるや、木石を転ずるがごとし。木石の性は、安なればすなわち静に、危なればすなわち動き、方なればすなわち止まり、円なればすなわち行く。ゆえに善く人を戦わしむるの勢い 円石を千仞の山に転ずるがごときは、勢なり。

 

六章:虚実篇

孫子曰く、およそ先に戦地に処りて敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて戦いに趨く者は労す。ゆえに善く戦う者は、人を致して人に致されず。よく敵人をしてみずから至しむるは、これを利すればなり。よく敵人をして至るを得ざらしむるは、これを害すればなり。ゆえに敵佚すればよくこれを労し、飽けばよくこれを饑えしめ、安ければよくこれを動かす。

その必ず趨く所に出で、その意わざる所に趨き、千里を行いて労れざるは、無人の地を行けばなり。攻めて必ず取るは、その守らざる所を攻むればなり。守りて必ず固きは、その攻めざる所を守ればなり。ゆえに善く攻むる者には、敵、その守る所を知らず。善く守る者には、敵、その攻むる所を知らず。微なるかな微なるかな、無形に至る。神なるかな神なるかな、無声に至る。ゆえによく敵の司命をなす。

進みて禦ぐべからざるはその虚を衝けばなり。退きて追うべからざるは、速かにして及ぶべからざればなり。ゆえにわれ戦わんと欲すれば、敵、塁を高くし溝を深くすといえども、われと戦わざるを得ざるは、その必ず救う所を攻むればなり。われ戦いを欲せざれば、地を画してこれを守るも、敵、われと戦うを得ざるは、その之く所に乖けばなり。

ゆえに人を形せしめてわれに形なければ、すなわちわれは専まりて敵は分かる。われは専まりて一となり、敵は分かれて十とならば、これ十をもってその一を攻むるなり。すなわちわれは衆くして敵は寡し。よく衆をもって寡を撃たば、すなわちわれのともに戦うところの者は約なり。われのともに戦うところの地は知るべからず。知るべからざれば、すなわち敵の備うるところの者多し。敵の備うるところの者多ければ、すなわちわれのともに戦うところの者は寡し。ゆえに前に備うればすなわち後寡く、後に備うればすなわち前寡く、左に備うればすなわち右寡く、右に備うればすなわち左寡く、備えざるところなければすなわち寡からざるところなし。寡きは人に備うるものなり。衆き者は人をしておのれに備えしむるものなり。

ゆえに戦いの地を知り、戦いの日を知れば、すなわち千里にして会戦すべし。戦いの地を知らず、戦いの日を知らざれば、すなわち左は右を救うことあたわず、右は左を救うことあたわず、前は後を救うことあたわず、後は前を救うことあたわず。しかるをいわんや遠きは数十里、近きは数里なるをや。われをもってこれを度るに、越人の兵は多しといえども、またなんぞ勝敗に益せんや。ゆえに曰く、勝はなすべきなり。敵は衆しといえども、闘うことなからしむべし。

ゆえにこれを策りて得失の計を知り、これを作して動静の理を知り、これを形して死生の地を知り、これに角れて有余不足のところを知る。

ゆえに兵を形すの極は無形に至る。無形なれば、すなわち深間も窺うことあたわず、智者も謀ることあたわず。形に因りて勝を錯くも、衆は知ることあたわず。人みなわが勝つゆえんの形を知るも、わが勝を制するゆえんの形を知ることなし。ゆえにその戦い勝つや復さずして、形に無窮に応ず。

それ兵の形は水に象る。水の形は高きを避けて下きに趨く。兵の形は実を避けて虚を撃つ。水は地に因りて流れを制し、兵は敵に因りて勝ちを制す。ゆえに兵に常勢なく、水に常形なし。よく敵に因りて変化して勝を取る者、これを神と謂う。ゆえに五行に常勝なく、四時に常位なく、日に短長あり、月に死生あり。

 

七章:軍争篇

孫子曰く、およそ兵を用うるの法は、将、命を君より受け、軍を合し衆を聚め、和を交えて舎まるに、軍争より難きはなし。軍争の難きは、迂をもって直となし、患をもって利となす。ゆえにその途を迂にして、これを誘うに利をもってし、人に後れて発し、人に先んじて至る。これ迂直の計を知る者なり。

ゆえに軍争は利たり、軍争は危たり。軍を挙げて利を争えばすなわち及ばず、軍を委てて利を争えばすなわち輜重捐てらる。このゆえに軍に輜重なければすなわち亡び、糧食なければすなわち亡び、委積なければすなわち亡ぶ。このゆえに甲を巻きて趨り、曰夜処らず、道を倍して兼行し、百里にして利を争うときは、すなわち三将軍を擒にせらる。勁き者は先だち、疲るる者は後れ、その法、十にして一至る。五十里にして利を争うときは、すなわち上将軍を蹶す。その法、半ば至る。三十里にして利を争うときは、すなわち三分の二至る。これを持って軍争の難きを知る。

ゆえに諸候の謀を知らざる者は、予め交わることあたわず。山林・険阻・沮沢の形を知らざる者は、軍を行ることあたわず。郷導を用いざる者は、地の利を得ることあたわず。

ゆえに兵は詐をもって立ち、利をもって動き、分合をもって変をなすものなり。ゆえにその疾きこと風のごとく、その徐かなること林のごとく、侵掠すること火のごとく、動かざること山のごとく、知り難きこと陰のごとく、動くこと雷震のごとし。郷を掠むるには衆を分かち、地を廓むるには利を分かち、権を懸けて動く。迂直の計を先知する者は勝つ。これ軍争の法なり。

軍政に曰く、「言うともあい聞えず、ゆえに金鼓を為る。視すともあい見えず、ゆえに旌旗を為る」と。それ金鼓・旌旗は人の耳目を一にするゆえんなり。人すでに専一なれば、すなわち勇者もひとり進むことを得ず、怯者もひとり退くことを得ず。これ衆を用うるの法なり。ゆえに夜戦に火鼓多く、昼戦に旌旗多きは、人の耳目を変うるゆえんなり。

ゆえに三軍には気を奪うべく、将軍には心を奪うべし。このゆえに朝の気は鋭、昼の気は惰、暮の気は帰。ゆえに善く兵を用もちうる者は、その鋭気を避けてその惰帰を撃つ。これ気を治むる者なり。治をもって乱を待ち静をもって譁を待つ。これ心を治むる者なり。近きをもって遠きを待ち、佚をもって労を待ち、飽をもって饑を待つ。これ力を治むる者なり。正々の旗を邀うることなく、堂々の陳を撃つことなし。これ変を治むるものなり。

ゆえに兵を用うるの法は、高陵には向かうことなかれ、丘を背にするには逆うことなかれ、佯り北ぐるには従うことなかれ、鋭卒には攻むることなかれ、餌兵には食らうことなかれ、帰師には遏むることなかれ、囲師には必ず闕き、窮寇には追ることなかれ。これ兵を用うるの法なり。

 

八章:九変篇

孫子曰く、およそ兵を用うるの法は、将、命を君に受け、軍を合し衆を聚め、圮地には舍ることなく、衢地には交わり合し、絶地には留まることなく、囲地にはすなわち謀り、死地にはすなわち戦う。塗に由らざる所あり。軍に撃たざる所あり。城に攻せめざる所あり。地に争わざる所あり。君命に受けざる所あり。

ゆえに将、九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る。将、九変の利に通ぜざれば、地形を知るといえども、地の利を得ることあたわず。兵を治めて九変の術を知らざれば、五利を知るといえども、人の用を得ることあたわず。

このゆえに智者の慮は必ず利害に雑う利に雑えて務め信ぶべきなり害に雑えて患い解くべきなり。このゆえに諸侯を屈するものは害をもってし、諸侯を役するものは業をもってし、諸侯を趨らすものは利をもってす。

ゆえに兵を用うるの法は、その来たらざるを恃むなく、われのもって待つあるを恃むなり。その攻めざるを恃むなく、われの攻むべからざるところあるを恃むなり。

ゆえに将に五危あり。必死は殺さるべきなり、必生は虜にさるべきなり、忿速は侮らるべきなり、廉潔は辱めらるべきなり、愛民は煩わさるべきなり。およそこの五者は将の過ちなり、兵を用もちうるの災なり。軍を覆し将を殺すは必ず五危をもってす。察せざるべからざるなり。

 

九章:行軍篇

孫子曰く、およそ軍を処き敵を相るに、山を越ゆれば谷に依り、生を視て高きに処り、隆きに戦うに登ることなかれ。これ山に処るの軍なり。

水を絶れば必ず水に遠ざかり、客、水を絶りて来たらば、これを水の内に迎うるなく、半ば済らしめてこれを撃つは利あり。戦わんと欲する者は、水に附きて客を迎うることなかれ。生を視て高きに処り、水流を迎うることなかれ。これ水上に処るの軍なり。

斥沢を絶ゆれば、ただ亟かに去って留まることなかれ。もし軍を斥沢の中に交うれば、必ず水草に依りて衆樹を背にせよ。これ斥沢に処るの軍なり。

平陸には易きに処りて高きを右背にし、死を前にして生を後にせよ。これ平陸に処るの軍なり。およそこの四軍の利は、黄帝の四帝に勝ちしゆえんなり。

およそ軍は高きを好みて下きを悪み、陽を貴びて陰を賎しむ。生を養いて実に処り、軍に百疾なし。これを必勝と謂う。丘陵隄防には必ずその陽に処りてこれを右背にす。これ兵の利、地の助けなり。上に雨ふりて水沫至らば、渉らんと欲する者は、その定まるを待て。

およそ地に絶澗、天井、天牢、天羅、天陥、天隙あらば、必ず亟かにこれを去りて近づくことなかれ。われはこれに遠ざかり、敵はこれに近づかせ、われはこれを迎え、敵はこれに背にせしめよ。

軍行に険阻、溝井、葭葦、山林、翳薈あらば、必ず謹んでこれを覆索せよ。これ伏姦の処る所ところなり。

敵近くして静かなるはその険を恃めばなり。遠くして戦いを挑むは、人の進むを欲するなり。その居る所の易なるは、利なればなり。衆樹の動くは、来たるなり。衆草の障多きは、疑なり。鳥の起つは、伏なり。獣の駭くは、覆なり。塵高くして鋭きは、車の来たるなり。卑くして広きは、徒の来たるなり。散じて条達するは、樵採するなり。少なくして往来するは、軍を営むなり。

辞卑くして備えを益すは、進むなり。辞疆くして進駆するは、退くなり。軽車まず出でてその側に居るは、陳するなり。約なくして和を請うは、謀るなり。奔走して兵車を陳ぬるは、期するなり。半進半退するは、誘うなり。

杖つきて立つは、飢うるなり。汲みてまず飲むは、渇するなり。利を見て進まざるは、労るるなり。鳥の集まるは、虚しきなり。夜呼ぶは、恐るるなり。軍の擾るるは、将の重からざるなり。旌旗の動くは、乱るるなり。吏の怒るは、倦みたるなり。馬を粟して肉食するは、軍に糧なきなり。缻を懸けてその舎に返らざるは、窮寇なり。諄諄翕翕として、徐に人と言うは、衆を失うなり。しばしば賞するは苦しむなり。しばしば罰するは困しむなり。先に暴にして後にその衆を畏るるは、不精の至りなり。来たりて委謝するは、休息を欲するなり。兵怒りて相迎え、久しくして合せず、また相去らざるは、必ず謹みてこれを察せよ。

兵は多きを益とするに非ざるなり。ただ武進することなく、もって力を併せて敵を料るに足らば、人を取らんのみ。それただ慮りなくして敵を易る者は、必ず人に擒にせらる。卒、いまだ親附せざるにしかもこれを罰すれば、すなわち服せず。服せざればすなわち用い難きなり。卒すでに親附せるにしかも罰行なわれざれば、すなわち用うべからざるなり。ゆえにこれに令するに文をもってし、これを斉うるに武をもってす。これを必取と謂う。令、素もとより行なわれて、もってその民を教うれば、すなわち民服す。令、素より行なわれずして、もってその民を教うれば、すなわち民服せず。令、素より行なわるる者は、衆と相得るなり。

 

十章:地形篇

孫子曰く、地形には、通なる者あり、挂なる者あり、支なる者あり、隘なる者あり、険なる者あり、遠なる者あり。

われもって往くべく、彼もって来たるべきを通という。通なる形には、まず高陽に居り、糧道を利してもって戦わば、すなわち利あり。もって往くべく、もって返り難きを挂という。挂なる形には、敵に備えなければ出でてこれに勝ち、敵もし備えあらば出でて勝たず。もって返り難くして、不利なり。われ出でて不利、彼も出でて不利なるを支という。支なる形には、敵、われを利すといえども、われ出ずることなかれ。引きてこれを去り、敵をして半ば出でしめてこれを撃つは利なり。隘なる形には、われまずこれに居らば、必ずこれを盈たしてもって敵を待つ。もし敵まずこれに居り、盈つればすなわち従うことなかれ、盈たざればすなわちこれに従え。険なる形には、われまずこれに居らば、必ず高陽に居りてもって敵を待つ。もし敵まずこれに居らば、引きてこれを去りて従うことなかれ。遠えんなる形には、勢い均しければもって戦いを挑み難く、戦えばすなわち不利なり。

およそこの六者は地の道なり。将の至任、察せざるべからず。

ゆえに兵には、走なるものあり、弛なるものあり、陥なるものあり、崩なるものあり、乱なるものあり、北なるものあり。およそこの六者は、天地の災にあらず、将の過ちなり。それ勢い均しきとき、一をもって十を撃つを走という。卒強くして吏弱きを弛という。吏強くして卒弱きを陥という。大吏怒りて服さず、敵に遇えば懟みてみずから戦い、将はその能を知らざるを崩という。将弱くして厳ならず、教道も明かならずして、吏卒常なく、兵を陳ぬること縦横なるを乱という。将、敵を料ることあたわず、小をもって衆に合い、弱をもって強を撃ち、兵に選鋒なきを北という。およそこの六者は敗の道なり。将の至任にして、察せざるべからず。

それ地形は兵の助けなり。敵を料りて勝ちを制し、険阨・遠近を計るは、上将の道なり。これを知りて戦いを用うる者は必ず勝ち、これを知らずして戦いを用うる者は必ず敗る。ゆえに戦道必ず勝たば、主は戦うなかれというとも、必ず戦いて可なり。戦道勝たずんば、主は必ず戦えというとも、戦うなくして可なり。ゆえに進んで名を求めず、退いて罪を避けず、ただ民をこれ保ちて利の主に合うは、国の宝なり。

卒を視みること嬰児のごとし、ゆえにこれと深谿に赴くべし。卒を視みること愛子のごとし、ゆえにこれとともに死すべし。厚くして使うことあたわず、愛して令することあたわず、乱れて治むることあたわざれば、譬えば驕子のごとく、用うべからざるなり。

わが卒のもって撃つべきを知るも、敵の撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知るも、わが卒のもって撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知り、わが卒のもって撃つべきを知るも、地形のもって戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。ゆえに兵を知る者は動いて迷わず、挙げて窮せず。ゆえに曰く、彼を知り己を知れば勝乃ち殆うからず天を知り地を知れば勝乃ち窮まらず

 

十一章:九地篇

孫子曰く、兵を用いるの法は、散地あり、軽地あり、争地あり、交地あり、衢地あり、重地あり、圮地あり、囲地あり、死地あり。諸侯みずからその地に戦うを散地となす。人の地に入りて深からざるものを軽地となす。われ得れば利あり、かれ得るもまた利あるものを争地となす。われもって往くべく、かれもって来たるべきものを交地となす。諸侯の地三属し、先に至れば天下の衆を得べきものを衢地となす。人の地に入ること深くして、城邑を背にすること多きものを重地となす。山林、険阻、狙沢、およそ行き難がたきの道を行くものを圮地となす。由りて入るところのもの隘く、従りて帰るところのもの迂にして、かれ寡にしてもってわれの衆を撃つべきものを囲地となす。疾く戦えば存し、疾く戦わざれば亡ぶるものを死地となす。このゆえに散地にはすなわち戦うことなかれ。軽地にはすなわち止まることなかれ。争地にはすなわち攻むることなかれ。交地にはすなわち絶つことなかれ。衢地にはすなわち交わりを合す。重地にはすなわち掠む。圮地にはすなわち行く。囲地にはすなわち謀る。死地にはすなわち戦う。

いわゆる古の善く兵を用うる者は、よく敵人をして前後相及ばず、衆寡相恃まず、貴賤相救わず、上下相収めず、卒離れて集まらず、兵合して斉わざらしむ。利に合して動き、利に合せずして止む。

あえて問う、敵衆く整いてまさに来たらんとす。これを待つこといかん。曰く、先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん、と。兵の情は速やかなるを主とす。人の及ばざるに乗じ、虞らざるの道により、その戒めざるところを攻むるなり。

およそ客たるの道は、深く入ればすなわち専にして、主人克たず。饒野に掠めて三軍食足り、謹み養いて労するなく、気を併せ力を積み、兵を運らし計謀して測るべからざるをなす。これを往くところなきに投ずれば、死すもかつ北げず。死いずくんぞ得ざらん。士人力を尽くさん。

兵士、はなはだ陥ればすなわち懼れず。往くところなければすなわち固く、深く入ればすなわち拘し、己むを得ざればすなわち闘う。このゆえに、その兵修めずして戒め、求めずして得、約せずして親しみ、令せずして信ず。祥を禁じ疑を去り、死に至るまで之くところなし。わが士、余財なきは貨を悪むにあらず。余命なきは寿を悪むにあらず。令、発するの曰、士卒の坐する者は涕襟を霑し、堰臥する者は涕頤に交わる。これを往くところなきに投ずれば諸劌の勇なり。

ゆえに善く兵を用うる者は、譬えば率然のごとし。率然とは常山の蛇なり。その首を撃てばすなわち尾至り、その尾を撃てばすなわち首至り、その中を撃てばすなわち首尾ともに至る。あえて問う、兵は率然のごとくならしむべきか。曰く、可なり。それ呉人と越人と相悪むも、その舟を同じくして済り風に遇うに当たりては、その相い救うや左右の手のごとし。このゆえに馬を方べ輪を埋むるも、いまだ恃むに足らず。勇を斉しくし一のごとくするは政の道なり。剛柔みな得るは地の理なり。ゆえに善く兵を用うる者は、手を携うること一人を使うがごとし。已むを得ざらしむればなり。

軍に将たるのことは、静もって幽、正もって治、よく士卒の耳目を愚にし、これをして知ることなからしむ。その事を易え、その謀を革め、人をして識ることなからしめ、その居を易え、その途を迂にし、人をして慮ることを得ざらしむ。帥いてこれと期すれば、高きに登りてその梯を去るがごとし。帥ひきいてこれと深く諸侯の地に入りて、その機を発すれば、舟を焚き釜を破り、群羊を駆るがごとし。駆られて往き、駆られて来たるも、之くところを知ることなし。三軍の衆を聚め、これを険に投ず。これ軍に将たるの事と謂うなり。九地の変、屈伸の利、人情の理、察せざるべからず。

およそ客たるの道は、深ければすなわち専らに、浅ければすなわち散ず。国を去り境を越えて師するものは絶地なり。四達するものは衢地なり。入ること深きものは重地なり。入ること浅きものは軽地なり。固を背にし隘を前にするものは囲地なり。徃くところなきものは死地なり。このゆえに散地にはわれまさにその志を一にせんとす。軽地にはわれまさにこれをして属せしめんとす。争地にはわれまさにその後うしろに趨かんとす。交地にはわれまさにその守りを謹まんとす。衢地にはわれまさにその結びを固くせんとす。重地にはわれまさにその食を継がんとす。圮地にはわれまさにその塗に進まんとす。囲地にはわれまさにその闕を塞がんとす。死地にはわれまさにこれに示すに活きざるをもってせんとす。ゆえに兵の情、囲まるればすなわち禦ぎ、已むを得ざればすなわち闘い、過ぐればすなわち従う。

このゆえに諸侯の謀を知らざる者は預め交わることあたわず。山林、険阻、沮沢の形を知らざる者は軍を行ることあたわず。郷導を用いざる者は地の利を得ることあたわず。四五の者、一を知らざるも覇王の兵にあらざるなり。それ覇王の兵、大国を伐てば、すなわちその衆聚まることを得ず。威、敵に加うれば、すなわちその交わり合うことを得ず。このゆえに天下の交わりを争わず、天下の権を養わず、己の私を信べ、威、敵に加わる。ゆえにその城は抜くべく、その国は隳るべし。無法の賞を施し、無政の令を懸け、三軍の衆を犯すこと一人を使うがごとし。これを犯すに事をもってし、告ぐるに言をもってすることなかれ。これを犯すに利をもってし、告ぐるに害をもってすることなかれ。これを亡地に投じてしかるのちに存し、これを死地に陥れて然る後に生く。それ衆は害に陥れて然る後によく勝敗をなす。

ゆえに兵をなすの事は、敵の意に順詳し、敵を一向に并せて、千里に将を殺すに在り。これを巧みによく事を成す者と謂うなり。このゆえに政挙ぐるの日、関を夷め符を折りて、その使を通ずることなく、 廊廟の上に厲まし、もってその事を誅む。敵人開闔すれば必ず亟かにこれに入り、その愛するところを先にして微かにこれと期し、践墨して敵に随い、もって戦事を決す。

このゆえに始めは処女のごとく、敵人、戸を開き、後には脱兎のごとくにして、敵、拒ぐに及ばず。

 

十二章:火攻篇

孫子曰く、およそ火攻に五あり。一に曰く、人を火く、二に曰く、積を火く、三に曰く、輜を火く、四に曰く、庫を火く、五に曰く、隊を火く。火を行なうには必ず因あり。煙火は必ず素より具う。火を発するに時あり、火を起こすに日あり、時とは天の燥けるなり。日とは、月の箕・壁・翼・軫にあるなり。およそこの四宿は風起こるの日なり。

およそ火攻は、必ず五火の変に因りてこれに応ず。火、内に発すれば、早くこれに外に応ず。火発してその兵静かなるは、待ちて攻むることなかれ。その火力を極め、従うべくしてこれに従い、従うべからずして止む。火、外に発すべくんば、内に待つことなく、時をもってこれを発せよ。火、上風に発すれば、下風を攻むることなかれ。昼の風は久しく、夜の風は止やむ。およそ軍は必ず五火の変あるを知り、数をもってこれを守る。

ゆえに火をもって攻を佐くる者は明なり。水をもって攻を佐くる者は強なり。水はもって絶つべく、もって奪うべからず。

それ戦勝攻取して、その功を修めざるは凶なり。命づけて費留と曰う。ゆえに曰く、明主はこれを慮り、良将はこれを修む。利にあらざれば動かず、得るにあらざれば用いず、危うきにあらざれば戦わず。主は怒りをもって師を興すべからず将は慍りをもって戦いを致すべからず利に合して動き、利に合せずして止む。怒りはもってまた喜ぶべく、慍りはもってまた悦ぶべきも、亡国はもってまた存すべからず、死者はもってまた生くべからず。ゆえに明君はこれを慎み、良将はこれを警む。これ国を安んじ軍を全うするの道なり。

 

十三章:用間篇

孫子曰く、およそ師を興すこと十万、出征すること千里なれば、百姓の費え、公家の奉、日に千金を費やし、内外騒動し、道路に怠り、事を操るを得ざる者七十万家、相守ること数年、もって一日の勝を争う。

しかるに爵禄百金を愛みて敵の情を知らざる者は不仁の至りなり。人の将にあらざるなり。主の佐にあらず、勝の主にあらず。ゆえに明君賢将の動きて人に勝ち、成功すること衆に出ずるゆえんのものは、先に知ればなり。先に知る者は鬼神に取るべからず。事に象るべからず、度に験すべからず。必ず人に取りて敵の情を知る者なり。

ゆえに間を用うるに五あり。因間あり、内間あり、反間あり、死間あり、生間あり。五間ともに起こりて、その道を知ることなき、これを神紀と謂う。人君の宝なり。因間とはその郷人によりてこれを用うるなり。内間とはその官人によりてこれを用うるなり。反間とはその敵の間によりてこれを用うるなり。死間とは誑事を外になし、わが間をしてこれを知らしめて、敵の間に伝うるなり。生間とは反り報ずるなり。

ゆえに三軍の事、間より親しきはなく、賞は間より厚きはなく、事は間より密なるはなし。聖智にあらざれば間を用うることあたわず。仁義にあらざれば間を使うことあたわず。微妙にあらざれば間の実を得ることあたわず。微なるかな微なるかな、間を用いざるところなきなり。間事いまだ発せずしてまず聞こゆれば、間と告ぐるところの者とは、みな死す。

およそ軍の撃たんと欲するところ、城の攻めんと欲するところ、人の殺さんと欲するところは、必ずまずその守将、左右、謁者、門者、舎人の姓名を知り、わが間をして必ずこれを索知せしむ。

必ず敵人の間の来たりてわれを間する者を索め、よりてこれを利し、導きてこれを舎す。ゆえに反間は得て用うべきなり。これによりてこれを知る。ゆえに郷間・内間、得て使うべきなり。これによりてこれを知る。ゆえに死間、誑事をなして敵に告げしむべし。これによりてこれを知る。ゆえに生間、期のごとくならしむべし。五間の事、主必ずこれを知る。これを知るは必ず反間にあり。ゆえに反間は厚くせざるベからざるなり。

昔、殷の興るや、伊摯、夏にあり。周の興おこるや、呂牙が、殷にあり。ゆえにただ明君賢将のみよく上智をもって間となす者にして、必ず大功を成なす。これ兵の要にして、三軍の恃みて動くところなり。

「孫子全文」現代語訳はこちら

Copyright© 孫子の兵法を学ぶ , 2019 All Rights Reserved.