孫子 勢篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 勢篇(書き下し文)

このページでは、孫子の兵法の第五章である「勢篇」について、書き下し文をまとめて記載しています。

「勢篇」現代語訳はこちら

勢篇(書き下し文)

孫子曰く、およそ衆を治むること寡を治むるがごとくなるは、分数これなり。衆を闘わしむること寡を闘わしむるがごとくなるは、形名これなり。三軍の衆、必ず敵を受けて敗なからしむるべきは、奇正これなり。兵の加うるところ、碬をもって卵に投ずるがごとくなるは、虚実これなり。

およそ戦いは、正を以って合し、奇を以って勝つ。ゆえに善く奇を出だす者は、窮まりなきこと天地のごとく、竭きざること江河のごとし。終わりてまた始まるは、日月これなり。死してまた生ずるは、四時これなり。声は五に過ぎざるも、五声の変は勝げて聴くべからざるなり。色は五に過ぎざるも、五色の変は勝げて観るべからざるなり。味は五に過ぎざるも、五味の変は勝げて嘗むべからざるなり。

戦勢は奇正に過ぎざるも、奇正の変は勝げて窮むべからざるなり。奇正のあい生ずることは、循環の端なきがごとし。たれかよくこれを窮めんや。

激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり。鷙鳥の疾くして毀折に至るは、節なり。このゆえに善く戦う者は、その勢は険にしてその節は短なり。勢は弩を彍くがごとく、節は機を発するがごとし。

乱は治に生じ、怯は勇に生じ、弱は彊に生ず。治乱は数なり。勇怯は勢なり。彊弱は形なり。

ゆえに善よく敵を動かす者は、これに形すれば敵必ずこれに従い、これに予うれば、敵必ずこれを取る。利をもってこれを動かし、卒をもってこれを待つ。

ゆえに善く戦う者は、これを勢に求めて、人に責めず。ゆえによく人を択てて勢に任ず。勢に任ずる者は、その人を戦わしむるや、木石を転ずるがごとし。木石の性は、安なればすなわち静に、危なればすなわち動き、方なればすなわち止まり、円なればすなわち行く。ゆえに善く人を戦わしむるの勢い 円石を千仞の山に転ずるがごときは、勢なり。

「勢篇」現代語訳はこちら

次の章「虚実篇」を見てみる

関連記事

孫子の兵法

孫子 形篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 九変篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 作戦篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 火攻篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 軍争篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 行軍篇(書き下し文)|孫子の兵法