孫子 地形篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 地形篇(書き下し文)

このページでは、孫子の兵法の第十章である「地形篇」について、書き下し文をまとめて記載しています。

「地形篇」現代語訳はこちら

地形篇(書き下し文)

孫子曰く、地形には、通なる者あり、挂なる者あり、支なる者あり、隘なる者あり、険なる者あり、遠なる者あり。

われもって往くべく、彼もって来たるべきを通という。通なる形には、まず高陽に居り、糧道を利してもって戦わば、すなわち利あり。もって往くべく、もって返り難きを挂という。挂なる形には、敵に備えなければ出でてこれに勝ち、敵もし備えあらば出でて勝たず。もって返り難くして、不利なり。われ出でて不利、彼も出でて不利なるを支という。支なる形には、敵、われを利すといえども、われ出ずることなかれ。引きてこれを去り、敵をして半ば出でしめてこれを撃つは利なり。隘なる形には、われまずこれに居らば、必ずこれを盈たしてもって敵を待つ。もし敵まずこれに居り、盈つればすなわち従うことなかれ、盈たざればすなわちこれに従え。険なる形には、われまずこれに居らば、必ず高陽に居りてもって敵を待つ。もし敵まずこれに居らば、引きてこれを去りて従うことなかれ。遠えんなる形には、勢い均しければもって戦いを挑み難く、戦えばすなわち不利なり。

およそこの六者は地の道なり。将の至任、察せざるべからず。

ゆえに兵には、走なるものあり、弛なるものあり、陥なるものあり、崩なるものあり、乱なるものあり、北なるものあり。およそこの六者は、天地の災にあらず、将の過ちなり。それ勢い均しきとき、一をもって十を撃つを走という。卒強くして吏弱きを弛という。吏強くして卒弱きを陥という。大吏怒りて服さず、敵に遇えば懟みてみずから戦い、将はその能を知らざるを崩という。将弱くして厳ならず、教道も明かならずして、吏卒常なく、兵を陳ぬること縦横なるを乱という。将、敵を料ることあたわず、小をもって衆に合い、弱をもって強を撃ち、兵に選鋒なきを北という。およそこの六者は敗の道なり。将の至任にして、察せざるべからず。

それ地形は兵の助けなり。敵を料りて勝ちを制し、険阨・遠近を計るは、上将の道なり。これを知りて戦いを用うる者は必ず勝ち、これを知らずして戦いを用うる者は必ず敗る。ゆえに戦道必ず勝たば、主は戦うなかれというとも、必ず戦いて可なり。戦道勝たずんば、主は必ず戦えというとも、戦うなくして可なり。ゆえに進んで名を求めず、退いて罪を避けず、ただ民をこれ保ちて利の主に合うは、国の宝なり。

卒を視みること嬰児のごとし、ゆえにこれと深谿に赴くべし。卒を視みること愛子のごとし、ゆえにこれとともに死すべし。厚くして使うことあたわず、愛して令することあたわず、乱れて治むることあたわざれば、譬えば驕子のごとく、用うべからざるなり。

わが卒のもって撃つべきを知るも、敵の撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知るも、わが卒のもって撃つべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。敵の撃つべきを知り、わが卒のもって撃つべきを知るも、地形のもって戦うべからざるを知らざるは、勝の半ばなり。ゆえに兵を知る者は動いて迷わず、挙げて窮せず。ゆえに曰く、彼を知り己を知れば勝乃ち殆うからず。天を知り地を知れば勝乃ち窮まらず。

「地形篇」現代語訳はこちら

次の章「九地篇」を見てみる

関連記事

孫子の兵法

孫子 勢篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 九変篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 九地篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 作戦篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 用間篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 全文(書き下し文)|孫子の兵法