孫子全文 現代語訳

孫子 地形篇(現代語訳)|孫子の兵法

更新日:

孫子の兵法

孫子 地形篇(現代語訳)

このページでは、孫子の兵法の第十章である「地形篇」について、現代語訳をまとめて記載しています。

「地形篇」書き下し文はこちら

地形篇(現代語訳)

孫子は言う。戦場の地形には、四方に開けた地形、障害物が多い地形、枝分かれした地形、 道幅が狭まった地形、高く険しい地形、両軍の陣地が遠く離れているものがある。

  1. 味方も敵も簡単に来れる場所は「四方に開けた地形」である。ここでは、敵より先に日当たりの良い高台に布陣し、補給線を確保して戦えば、有利になる。
  2. 行くのは簡単だが引き返すのが難しいのが「障害物が多い地形」である。ここでは、敵に備えがなければ勝てるが、備えがあれば勝てず、再び引き返すのも困難で、不利である。
  3. 味方も敵も不利なのが「枝分かれした地形」である。ここでは、敵の挑発に乗って進軍してはならない。軍を後退させて、敵の半数が分岐点を過ぎて進出したところを攻撃するのが有利である。
  4. 「道幅が狭まった地形」では、味方が先に占拠していれば、兵力を密集させておいてから、敵を待ち受ける。もし、敵が先に占拠していて、しかも敵の兵力がその隘路上に密集している場合には、そこへ攻めかかってはならない。たとえ敵が先に占領していても、敵の兵力がまばらな場合には攻めかかれ。
  5. 「高く険しい地形」では、味方が先に占拠していれば、必ず高地の南側に陣取って、敵を待ち受ける。もし、敵が先に占拠している場合には、軍を後退させてその場を立ち去り、攻めかかってはならない。
  6. 「両軍の陣地が遠く離れている」場合、戦力が互角な場合は、戦いを仕掛けるのは困難である。無理に戦えば、不利になる。

これら六つの事柄は、地形についての道理である。将軍の最も重大な任務であるから熟慮しなければならない。

兵士の中には「逃亡する者」「気持ちが緩む者」「気持ちが萎える者」「崩れる者」「乱れ者」「敗走する者」がいるが、これら六つのことは、自然の災害ではなく、将軍の過失によるものである。

  1. 逃亡する者:味方と敵の勢いが同じ時、十倍の敵と戦うなら兵は逃亡する。
  2. 兵士たちが強いのに、管理する役人が弱いと兵の気が緩む。
  3. 管理する役人が強くて、兵士の弱いと兵の気持ちが萎える。
  4. 役人のトップが将軍の命令に従わず、敵に遭遇しても自分勝手な戦いをし、将軍もまた彼の能力を知らない場合、軍は崩れる。
  5. 将軍が弱腰で厳しさがなく、軍令も明確でなく、役人と兵士たちとの関係にもきまりがなく、陣立てもでたらめであれば、軍は乱れる。
  6. 将軍が敵情を分析できず、少ない味方で多数の敵と戦い、勢いにまさった敵を攻撃し、軍隊の先鋒に精鋭がいなければ、敗走する。

これら六つの事柄は、敗北についての道理である。将軍の最も重要な責務として熟慮しなければならない。

そもそも地形は、軍事の補助的な要素である。敵情を分析して勝算を立て、地形が険しいか平坦か、遠いか近いかを考えるのが、全軍を指揮する将軍の役割である。こうしたことをわきまえて戦う者は必ず勝ち、わきまえないで戦う者は必ず敗れる。だから、自軍に絶対の勝算があるときには、たとえ主君が戦闘してはならないと命じても、ためらわず戦うべきだし、勝算がないときには、たとえ主君が戦闘せよと命じても、戦うべきではない。自分の功名をかえりみず進むべき時は進み、罪に問われることも恐れないで退くべき時は退く。兵士を無駄死させず、結果として君主の利益にもかなう。こういう将軍は国の宝である。

将軍が兵士たちを赤ん坊のように思い接して気持ちが伝わると、兵士たちは、将軍に従って深い谷底のような危険な土地にも行けるようになる。将軍が兵士たちをわが子のように思っていれば、兵士たちは、将軍に従って生死をともにできるようになる。しかし、手厚く遇するだけで仕事をさせず、かわいがるばかりで命令できず、間違ったことをしていてもそれを止めることができないようなら、わがままな子供のようなもので、使い物にならない。

味方の状況が攻撃すべき状況だとわかっていても、敵の状況が攻撃してはならない場合がある。それがわからなければ、必ず勝つとは限らない。敵の状況が攻撃できる状況だとわかっていても、味方の状況が攻撃をかけてはならない場合がある。それがわからなければ、必ず勝つとは限らない。敵の状況が攻撃できる状況で、味方の状況が攻撃すべき状況だとわかっていても、地形の条件が攻撃すべきでない場合もある。それがわからなければ、必ず勝つとは限らない。

兵法を知る者は、敵味方の状況や地形のことをよくわかった上で行動を起こすから、兵を動かして迷いがなく、戦って苦しむことがない。だから「敵情を知って、味方の状況も知っていれば、勝利は難しいことではない。天候と地形のことを知っていれば、勝利は決まったようなものだ」と言われるのである。

「地形篇」書き下し文はこちら

次の章「九地篇」を見てみる

Copyright© 孫子の兵法を学ぶ , 2019 All Rights Reserved.