孫子全文 書き下し文

孫子 虚実篇(書き下し文)|孫子の兵法

更新日:

孫子の兵法

孫子 虚実篇(書き下し文)

このページでは、孫子の兵法の第六章である「虚実篇」について、書き下し文をまとめて記載しています。

「虚実篇」現代語訳はこちら

虚実篇(書き下し文)

孫子曰く、およそ先に戦地に処りて敵を待つ者は佚し、後れて戦地に処りて戦いに趨く者は労す。ゆえに善く戦う者は、人を致して人に致されず。よく敵人をしてみずから至しむるは、これを利すればなり。よく敵人をして至るを得ざらしむるは、これを害すればなり。ゆえに敵佚すればよくこれを労し、飽けばよくこれを饑えしめ、安ければよくこれを動かす。

その必ず趨く所に出で、その意わざる所に趨き、千里を行いて労れざるは、無人の地を行けばなり。攻めて必ず取るは、その守らざる所を攻むればなり。守りて必ず固きは、その攻めざる所を守ればなり。ゆえに善く攻むる者には、敵、その守る所を知らず。善く守る者には、敵、その攻むる所を知らず。微なるかな微なるかな、無形に至る。神なるかな神なるかな、無声に至る。ゆえによく敵の司命をなす。

進みて禦ぐべからざるはその虚を衝けばなり。退きて追うべからざるは、速かにして及ぶべからざればなり。ゆえにわれ戦わんと欲すれば、敵、塁を高くし溝を深くすといえども、われと戦わざるを得ざるは、その必ず救う所を攻むればなり。われ戦いを欲せざれば、地を画してこれを守るも、敵、われと戦うを得ざるは、その之く所に乖けばなり。

ゆえに人を形せしめてわれに形なければ、すなわちわれは専まりて敵は分かる。われは専まりて一となり、敵は分かれて十とならば、これ十をもってその一を攻むるなり。すなわちわれは衆くして敵は寡し。よく衆をもって寡を撃たば、すなわちわれのともに戦うところの者は約なり。われのともに戦うところの地は知るべからず。知るべからざれば、すなわち敵の備うるところの者多し。敵の備うるところの者多ければ、すなわちわれのともに戦うところの者は寡し。ゆえに前に備うればすなわち後寡く、後に備うればすなわち前寡く、左に備うればすなわち右寡く、右に備うればすなわち左寡く、備えざるところなければすなわち寡からざるところなし。寡きは人に備うるものなり。衆き者は人をしておのれに備えしむるものなり。

ゆえに戦いの地を知り、戦いの日を知れば、すなわち千里にして会戦すべし。戦いの地を知らず、戦いの日を知らざれば、すなわち左は右を救うことあたわず、右は左を救うことあたわず、前は後を救うことあたわず、後は前を救うことあたわず。しかるをいわんや遠きは数十里、近きは数里なるをや。われをもってこれを度るに、越人の兵は多しといえども、またなんぞ勝敗に益せんや。ゆえに曰く、勝はなすべきなり。敵は衆しといえども、闘うことなからしむべし。

ゆえにこれを策りて得失の計を知り、これを作して動静の理を知り、これを形して死生の地を知り、これに角れて有余不足のところを知る。

ゆえに兵を形すの極は無形に至る。無形なれば、すなわち深間も窺うことあたわず、智者も謀ることあたわず。形に因りて勝を錯くも、衆は知ることあたわず。人みなわが勝つゆえんの形を知るも、わが勝を制するゆえんの形を知ることなし。ゆえにその戦い勝つや復さずして、形に無窮に応ず。

それ兵の形は水に象る。水の形は高きを避けて下きに趨く。兵の形は実を避けて虚を撃つ。水は地に因りて流れを制し、兵は敵に因りて勝ちを制す。ゆえに兵に常勢なく、水に常形なし。よく敵に因りて変化して勝を取る者、これを神と謂う。ゆえに五行に常勝なく、四時に常位なく、日に短長あり、月に死生あり。

「虚実篇」現代語訳はこちら

次の章「軍争篇」を見てみる

Copyright© 孫子の兵法を学ぶ , 2019 All Rights Reserved.