兵の情は速やかなるを主とす|孫子の名言

孫子の兵法

兵の情は速やかなるを主とす

今回は、孫子の兵法の一節で名言の一つでもある「兵の情は速やかなるを主とす」という言葉について見ていきたいと思います。

「兵の情は速やかなるを主とす」の一節

いわゆる古の善く兵を用うる者は、よく敵人をして前後相及ばず、衆寡相恃まず、貴賤相救わず、上下相収めず、卒離れて集まらず、兵合して斉わざらしむ。利に合して動き、利に合せずして止む。

あえて問う、敵衆く整いてまさに来たらんとす。これを待つこといかん。曰く、先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん、と。兵の情は速やかなるを主とす。人の及ばざるに乗じ、虞らざるの道により、その戒めざるところを攻むるなり。

「兵の情は速やかなるを主とす」は、孫子の兵法の第十一章「九地篇」で出てくる一節です。この「兵の情は速やかなるを主とす」の一節を現代語に訳してみましょう。

「兵の情は速やかなるを主とす」の現代語訳

昔の戦巧者は、敵の前軍と後軍との連絡ができないようにさせ、大部隊と小部隊とが助け合えないようにさせ、身分の高い者と低い者とが互いに救い合わず、上下の者が互いに助け合わないようにさせ、兵士たちが分散して集中しないようにし、集中しても整わないようにさせた。こうして、味方に有利な状況になれば行動を起こし、有利にならなければ次の機会を待ったのである。

あえて聞くが「敵が秩序だった大軍で味方を攻めようとしている時は、どのようにして迎え撃つのか?」まず敵が大切にしているものを奪取すれば、敵はこちらの思いどおりにできる。戦いは迅速が第一である。敵の準備が整わないうちに、思いがけない方法を使い、敵の備えのない所を攻撃することだ。

これが現代語訳になります。

「兵の情は速やかなるを主とす」の解説

兵の情は速やかなるを主とす」は孫子の「九地篇」の中にある言葉の一つで「戦いは迅速が第一である」という意味です。

味方の準備が万全でなかったとしても、それ以上に相手の準備が整っていないようであれば戦うべき時もあります。

現代のビジネスにおいても、全ての準備が整うのを待ってから物事を始める人がいますが、準備をしているうちに、他社に出し抜かれてしまい、結局、物事を始めた段階では、その意義すらなくなってしまうケースをよく見かけます。先行者利益を享受するなら「兵の情は速やかなるを主とす」のように、迅速に実行することが何よりも勝るということを理解しておきましょう。

孫子の名言」一覧を見てみる

関連記事

孫子の兵法

敵の情を知らざる者は不仁の至りなり|孫子の名言

孫武・孫子

窮寇には追ることなかれ|孫子の名言

孫子の兵法

高きに登りてその梯を去るがごとし|孫子の名言

孫子の兵法

佚をもって労を待つ|孫子の名言

孫子の兵法

慮りなくして敵を易る者は、必ず人に擒にせらる|孫子の名言

孫子の兵法

善く兵を用うる者は、譬えば率然のごとし|孫子の名言