孫子 計篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 計篇(書き下し文)

このページでは、孫子の兵法の第一章である「計篇」について、書き下し文をまとめて記載しています。

「計篇」現代語訳はこちら

計篇(書き下し文)

孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。

ゆえにこれを経るに五事をもってし、これを校ぶるに計をもってして、その情を索む。一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法なり。

道とは、民をして上と意を同じくし、これと死すべくこれと生くべくして、危きを畏れざるなり。天とは、陰陽・寒暑・時制なり。地とは遠近・険易・広狭・死生なり。将とは、智・信・仁・勇・厳なり。法とは、曲制・官道・主用なり。

およそこの五者は、将は聞かざることなきも、これを知る者は勝ち、知らざる者は勝たず。ゆえにこれを校ぶるに計をもってして、その情を索む。曰く、主いずれか有道なる、将いずれか有能なる、天地いずれか得たる、法令いずれか行なわる、兵衆いずれか強き、士卒いずれか練いたる、賞罰いずれか明らかなると。われこれをもって勝負を知る。

将わが計を聴くときは、これを用うれば必ず勝つ、これを留めん。将わが計を聴かざるときは、これを用うれば必ず敗る、これを去らん。計、利としてもって聴かるれば、すなわちこれが勢をなして、もってその外を佐く。勢とは利に因りて権を制するなり

兵は詭道なり

ゆえに能なるもこれに不能を示し、用なるもこれに不用を示し、近くともこれに遠きを示し、遠くともこれに近きを示し、利にしてこれを誘い、乱にしてこれを取り、実にしてこれに備え、強にしてこれを避け、怒にしてこれを撓だし、卑にしてこれを驕らせ、佚にしてこれを労し、親にしてこれを離す。その無備を攻め、その不意に出ず。これ兵家の勝にして、先には伝うべからざるなり。

それいまだ戦わずして廟算して勝つ者は、算を得ること多ければなり。いまだ戦わずして廟算して勝たざる者は、算を得ること少なければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。しかるをいわんや算なきにおいてをや。われこれをもってこれを観るに、勝負見わる。

「計篇」現代語訳はこちら

次の章「作戦篇」を見てみる

関連記事

孫子の兵法

孫子 九地篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 謀攻篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 用間篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 勢篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 作戦篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 全文(書き下し文)|孫子の兵法