孫武(孫子)のエピソード

孫武・孫子

孫武(孫子)のエピソード

このページでは、孫武が呉に仕えることになったエピソードとして、史記の孫子呉起列伝の一節を取り上げてみましょう。

史記(孫子呉起列伝)「孫子勒姫兵」より

孫武は斉の人である。兵法が評判になり呉王の闔廬へ拝謁することになった。闔廬は「貴君の兵法書十三篇を全て読んだが、宮中の婦人を使って、少し兵士の訓練を見せてもらえるか」と言った。

孫武はそれを了承すると、闔廬は宮中の美女たちを外に召し出し、その数は百八十人となった。孫武は婦人たちを二つの部隊に分けて、闔廬の寵姫二人をそれぞれの隊長として、全員にほこを持たせた。それから孫武は、婦人たちに「前を指示されたらすぐに胸を見よ。左なら左の手を見よ、右なら右の手を見よ。後ろならすぐに背中を見よ」と命令して言った。

合図の打合せが皆に伝えられると、命令に従わない者を処罰するためのまさかりを用意し、命令を何度か繰り返させた。

こうして婦人たちに右を向くように太鼓で命令した。婦人たちは大いに笑った。それを見た孫武は「合図の打合せが明確でなく、命令が十分に行き届かなかったのは、将軍たる私の罪である」と言って、再び何度か命令を確認してから、婦人たちに左を向くよう太鼓で命令した。婦人たちはまた、大いに笑った。

その時、孫武は「命令が既に明確なのに従わないのは、指揮官の罪である」と言い、二人の隊長を斬ろうとした。

それを見た闔廬は、孫武が寵姫二人を斬ろうとしているのを見て、大いに驚いて「将軍がよく兵を使うことはわかった。私はこの二人がいなくなると、食事も喉を通らなくなる。どうか斬らないでくれ」と止めようとした。

しかし孫武は「命令を受けて将軍に任命された以上、将軍は軍隊にあっては君命にも従わない場合もあります」と言い、隊長二人を斬ってしまった。そして、これを皆に知らせ、新たな婦人二人を隊長に選んだ。

こうして、再び婦人たちに太鼓で命令したが、今度は規則通り行動し、声を出す者もなかった。

確認した孫武は、闔廬に「兵はすでにすっかり訓練が整いました。そうぞ下りてきて御覧になってください。王が望めば、水や火に入っていかせることも可能です」と報告して言った。

それを聞いた闔廬は「将軍は、もう練兵をやめて休むがよい。私は下りて見る気にならない」と言った。それを聞いた孫武は「王は兵法の言葉だけを好んでも、実際の兵法を用いることがおできにならないようです」と答えた。

その後、闔廬は孫武の用兵の才能を認めて呉の将軍としたのである。

呉が西に楚を破って首都まで侵攻し、北は斉・晋を脅かし、名を諸侯の間で上げたのは、孫武が力を貸していたためである。

関連記事

孫武・孫子

孫子とは(孫子の兵法)

孫武・孫子

孫子の兵法 まとめ

孫武・孫子

孫武とは(孫子)