孫子の名言

害に雑えて患い解くべきなり

更新日:

孫子の兵法

害に雑えて患い解くべきなり
孫子の名言

今回は、孫子の兵法の一節で名言の一つでもある「害に雑えて患い解くべきなり」という言葉について見ていきたいと思います。

「害に雑えて患い解くべきなり」の一節

智者の慮は必ず利害に雑う。利に雑えて務め信ぶべきなり。害に雑えて患い解くべきなり

このゆえに諸侯を屈するものは害をもってし、諸侯を役するものは業をもってし、諸侯を趨らすものは利をもってす。

「害に雑えて患い解くべきなり」は、孫子の兵法の第八章「九変篇」で出てくる一節です。この「害に雑えて患い解くべきなり」の一節を現代語に訳してみましょう。

「害に雑えて患い解くべきなり」の現代語訳

智者の思慮は、ある一つの事柄を考える場合にも「利」と「害」との両面から洞察する。利益になる事柄に害の側面を交えて考えることで、狙い通りに達成できる。害となる事柄に利益の側面も交えて考えることで、不安を消すことができる

諸侯を自国の前に屈服させる時は、害悪ばかりを強調する。諸侯を利用する時は、一見すると魅力的な事業を用意する。諸侯を奔走させる時は、利益だけを見せるようにする。

これが現代語訳になります。

「害に雑えて患い解くべきなり」の解説

害に雑えて患い解くべきなり」は孫子の「九変篇」の中にある言葉の一つで、「九変篇」は、用兵における九つの対処法「九変」を中心に書かれています。

ちなみに「九変」とは、具体的には

  1. 足場の悪い土地には宿営してはならない
  2. 他国と三方で接する土地では他国と親交を結ぶ
  3. 本国から遠く離れた土地ではとどまらず素早く通り過ぎる
  4. 周囲が囲まれている土地では後退する計略を立てる
  5. 周囲が敵に包囲されている土地では必死に戦って脱出する
  6. 道の中には通ってはならない道がある
  7. 敵には攻撃してはならない敵がある
  8. 城には攻略してはならない城がある
  9. 土地には奪取してはならない土地がある

のことです。

今回取り上げる「害に雑えて患い解くべきなり」とは「害となる事柄に利益の側面も交えて考えることで、不安を消すことができる」という意味になります。

物事を判断する際、悪いことばかりを想像して不安を感じることがあります。そんな時は悪いことばかりでなく、自らが得る利益を考えることで不安を打ち消すことができます。「害に雑えて患い解くべきなり」という言葉は、孫子が生きた時代から二千数百年の時を超えた現代でも全く変わりないのです。

孫子の名言」一覧を見てみる

Copyright© 孫子の兵法を学ぶ , 2019 All Rights Reserved.