激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり|孫子の名言

孫子の兵法

激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり

今回は、孫子の兵法の一節で名言の一つでもある「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」という言葉について見ていきたいと思います。

「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」の一節

激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり。鷙鳥の疾くして毀折に至るは、節なり。

このゆえに善く戦う者は、その勢は険にしてその節は短なり。勢は弩を彍くがごとく、節は機を発するがごとし。

「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」は、孫子の兵法の第五章「勢篇」で出てくる一節です。この「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」の一節を現代語に訳してみましょう。

「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」の現代語訳

激しく速い水の流れが、石を押し流していくのが「勢い」である。鷲や鷹が獲物を襲って、一撃で骨を打ち砕いてしまうのが「節目」である。

そして、戦いが上手い者は、「勢い」が激しくなった時、「節目」の短い瞬間を捉えるのである。「勢い」は弓を引き絞るようなもので、「節目」は一瞬で矢を放つようなものである。

これが現代語訳になります。

「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」の解説

「激水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり」の一説で、孫子は「軍の勢い」と「戦局の節目」について説いています。

優れた兵法家は、まず「軍の勢い」に注目し、自軍の勢いが激しくなったと見たら、今度は「戦局の節目」を注視して最も効果的と思われる瞬間・場所に戦力を投じて勝利を決定付けます。

「勢い」と「節目」については、現代のビジネスシーンにも置き換えることができます。中規模以上の企業の経営者向きの言葉ではないでしょうか。

孫子の名言」一覧を見てみる

関連記事

孫子の兵法

小敵の堅は大敵の擒なり|孫子の名言

孫武・孫子

窮寇には追ることなかれ|孫子の名言

孫子の兵法

兵とは国の大事なり|孫子の名言

孫武・孫子

死地に陥れて然る後に生く|孫子の名言

孫子の兵法

囲師には必ず闕く|孫子の名言

孫子の兵法

戦いは、正を以って合し、奇を以って勝つ|孫子の名言