兵とは国の大事なり|孫子の名言

孫子の兵法

兵とは国の大事なり〜孫子の名言

今回は、孫子の兵法の一節として故事成語としても使われる「兵とは国の大事なり」という言葉について見ていきたいと思います。

「兵とは国の大事なり」の一節

孫子曰く、兵とは国の大事なり、死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり。

ゆえにこれを経るに五事もってし、これを校ぶるに計をもってして、その情を索む。一に曰く道、二に曰く天、三に曰く地、四に曰く将、五に曰く法なり。

「兵とは国の大事なり」は、孫子の兵法の第一章「計篇」の冒頭で出てくる一節です。この「兵とは国の大事なり」の一節を現代語に訳してみましょう。

「兵とは国の大事なり」の現代語訳

孫子は言う。軍事は国家の命運を決する重大事であると。だから軍の生死を分ける戦場や、国家の存亡を分ける道の選択は、くれぐれも明察しなければならない。

そこで、死生の地や存亡の道を考えるために五つの基本事項(五事)を用い、さらにどこが死生の地でどれが存亡の道かを明らかにするため、比較・検討する基準を使って彼我の優劣を探る。

五つの基本事項(五事)とは、道・天・地・将・法である。

  • 「道」とは、民の心を上に立つ君主と一つにさせ、民と君主が生死を共にすることに対して疑いを持たないようにすることである。
  • 「天」とは、陰陽、気温の寒暖、四季の推移の定めのことである。
  • 「地」とは、距離の遠近、地形の険しさと平坦さ、地形が有利か不利かである。
  • 「将」とは、智力、誠実さ、思いやり、勇気、厳格さといった将軍の能力である。
  • 「法」とは、軍隊の編成、各人の職権、将軍の指揮権についてのルールである。

これが現代語訳になります。

「兵とは国の大事なり」の解説

「力と力で戦うことは命運を賭けた重大事である」と孫子は言います。

失敗すれば存亡に関わることですから当然ですが、だからこそ彼我の戦力を測る為の基準をもって冷静に判断することが必要となります。

そして、その基準として孫子が挙げたのが、この一節でも出てきた「五事」、そしてこの後の部分で出てくる「七計」です。

孫子の名言」一覧を見てみる

関連記事

孫子の兵法

利に合して動き、利に合せずして止む|孫子の名言

孫子の兵法

戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり|孫子の名言

孫子の兵法

害に雑えて患い解くべきなり|孫子の名言

孫子の兵法

彼を知り己を知れば百戦して殆うからず|孫子の名言

孫武・孫子

死地に陥れて然る後に生く|孫子の名言

孫子の兵法

彼を知り己を知れば勝乃ち殆うからず|孫子の名言