孫子 謀攻篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 謀攻篇(書き下し文)

このページでは、孫子の兵法の第三章である「謀攻篇」について、書き下し文をまとめて記載しています。

「謀攻篇」現代語訳はこちら

謀攻篇(書き下し文)

孫子曰く、およそ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。

軍を全うするを上となし、軍を破るはこれに次ぐ。旅を全うするを上となし、旅を破るはこれに次ぐ。卒を全うするを上となし、卒を破るはこれに次ぐ。伍を全うするを上となし、伍を破るはこれに次ぐ。

このゆえに百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり

ゆえに上兵は謀を伐つ。その次は交を伐つ。その次は兵を伐つ。その下は城を攻む。攻城の法は、やむを得ざるがためなり。

櫓・轒・轀櫓を修め、器械を具うること、三月にして後に成る。距闉また三月にして後に已わる。将その忿りに勝えずしてこれに蟻附すれば、士を殺すこと三分の一にして、城の抜けざるは、これ攻の災いなり。

ゆえに善く兵を用うる者は、人の兵を屈するも戦うに非ざるなり。人の城を抜くも攻むるに非ざるなり。人の国を毀るも久しきに非ざるなり。必らず全きを以て天下に争う。ゆえに兵頓れずして利全くすべし。これ謀攻の法なり。

ゆえに用兵の法は、十なればすなわちこれを囲み、五なればすなわちこれを攻め、倍すればすなわちこれを分かち、敵すればすなわちよくこれと戦い、少なければすなわちよくこれを逃れ、しからざればすなわちよくこれを避く。ゆえに小敵の堅は大敵の擒なり

それ将は国の輔なり。輔周なればすなわち国必ず強く、輔隙あればすなわち国必らず弱し。ゆえに君の軍に患うる所以の者には三あり。軍の進むべからざるを知らずして、これに進めと謂い、軍の退くべからざるを知らずして、これに退けと謂う。これを「軍を糜す」と謂う。

三軍の事を知らずして三軍の政を同じくすれば、すなわち軍士惑う。三軍の権を知らずして三軍の任を同じくすれば、すなわち軍士疑う。三軍すでに惑い且つ疑うときは、すなわち諸侯の難至る。是れを「軍を乱して勝を引く」と謂う。

ゆえに勝を知るに五あり。

戦うべきと戦うべからざるとを知る者は勝つ。衆寡の用を識る者は勝つ。上下の欲を同じくする者は勝つ。虞をもって不虞を待つ者は勝つ。将の能にして君の御せざる者は勝つ。

この五者は勝を知るの道なり。ゆえに曰わく、彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。彼を知らずして己を知れば一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば戦う毎に必らず殆うし。

「謀攻篇」現代語訳はこちら

次の章「形篇」を見てみる

関連記事

孫子の兵法

孫子 作戦篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 地形篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 計篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 勢篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 軍争篇(書き下し文)|孫子の兵法

孫子の兵法

孫子 九変篇(書き下し文)|孫子の兵法