キングダムで知る歴史

【キングダム】藺相如は元趙国三大天で文武知勇の将!

投稿日:

キングダムと春秋戦国時代

週刊ヤングジャンプで2006年から連載されている「キングダム」は紀元前3世紀の春秋戦国時代を舞台とした史実を基にした歴史漫画です。2012年にはアニメ化、2019年には山﨑賢人さん主演で映画化もされ老若男女を問わず絶大な人気を誇っています。

中国史上初の中華統一を目指す秦国を中心に様々なキャラクター達が活躍し、壮大な合戦や頭脳戦を繰り広げていることが「キングダム」の魅力の一つです。実在した各国の王や武将をモデルとした様々な個性的なキャラクター達が毎回手に汗握る重厚なドラマを生み出しています。

そんな「キングダム」の人気キャラクターの中から今回は部下が朱海平原の戦いで活躍した旧超国三大天の藺相如(りんしょうじょ)を紹介します。
 

趙国三大天だった藺相如はキングダムでは既に病死?

趙国最強の武将の称号である趙国三大天。現在は信たちの前に立ちはだかる最大の敵・李牧(りぼく)と龐煖(ほうけん)が名乗っていますが、それ以前は魏国との戦いで登場した廉頗(れんぱ)、そして藺相如が名乗っていました。

三大天は秦国の六将と並び、中華全土に名前が知れ渡る最強クラスの武将です。

藺相如も王騎や廉頗のように優れた武将だったと思われますが、「キングダム」作中では既に病気のため死亡しています。

直接的な戦闘は残念ながら描かれていませんが、過去の話で王騎軍と互角に渡り合っていたような描写もあり、藺相如が率いた軍の強さは疑いようがないでしょう。

また2019年現在描かれている朱海平原の戦いでは藺相如の部下だった趙峩龍(ちょうがりゅう)と堯雲(ぎょううん)が登場し藺相如について語っています。

藺相如自身は武力はなかったが優れた策略家で、また中華の未来を見通す先見の明や未来予知のような不思議な夢を見ることもあったようです。

多くの有能な部下が藺相如が病死した際に後を追い自決していることから部下にも慕われていたことが分かります。
 

信たちを苦しめた趙峩龍と堯雲の存在から考える藺相如

戦いの描写がない藺相如ですが、朱海平原の戦いには側近だった趙峩龍と堯雲が参加しました。

「キングダム」での藺相如は武力を持ち合わせていなく趙峩龍と堯雲らの部下が彼の武力として活躍していたようです。特に堯雲は、三大天・藺相如の武そのものと李牧から称されるほどの強さを誇ります。

趙峩龍と堯雲ともに武力、知略ともに高レベルで相対した信や王賁(おうほん)ら秦国右翼の軍を大いに苦しめます。堯雲の武力は凄まじく王騎の形見の矛を使う信がなんとか負けずに済むという六将並みの武力を見せつけています。
 

信と王賁にかつての六将の姿を見出し藺相如の遺言を思い出す

秦軍を追い詰める趙峩龍と堯雲ですが、戦いの中で信や王賁ら秦国の若手武将にかつての六将の姿を重ねます。

そして、この朱海平原の戦いが死に際の藺相如が遺言で残した戦いであることに気が付くのです。

藺相如は病死前に500年戦乱が続いた中華がまもなく統一されようとする予兆を感じていました。

しかし自分の命は長くなくその場に立ち会えないため、側近であった趙峩龍と堯雲に統一目指す相手の前に立ちはだかるよう遺言を残します。

統一を目指す相手の前に立ちはだかり相手を全力で葬ること、そしてもしも敗れた場合は相手に助言をするようにと。

その助言とは『本当に覚悟があるなら統一のために振り上げた剣は何があっても最後まで振り下ろせ、中途半端では統一はできない』というものでした。

趙峩龍と堯雲は覚醒した信と王賁それぞれと戦い敗北しますが、最後に藺相如の遺言を信たちに伝えて死亡します。

中華が統一される予兆を感じていて、敵国の武将であっても助言を残す藺相如はやはりかなりの大物だったと感じます。
 

史実での藺相如は誰にも怯まない趙国随一の文武知勇の将

「キングダム」のキャラクターの多くは実在した春秋戦国時代の武将や政治家などがモデルになっており、藺相如も実在の人物です。

作中では死亡しており活躍の場が限られている藺相如ですが、史実では勇猛な逸話が多く残っており勇士だったことが分かります。
 

完璧の語源となった昭襄王にさえ認められた藺相如の逸話

ある時、秦国の昭襄王が趙国の国宝である「和氏の璧」を15の小城と交換するよう要求してきました。

昭襄王といえば「キングダム」でも戦神と称される戦好きの王です。

断れば攻めてくるだろうし、かと言って「和氏の璧」を渡しても15もの小城を渡すわけがなく奪い取られるだけだろうと趙国の王は焦ります。この時、趙国の王が頼ったのは知と勇を兼ね備えていた藺相如でした。

趙王から話を聞いた藺相如は自分が使者として赴き、「和氏の璧」を渡しても昭襄王が城を渡してくれない場合は『璧を完うして帰ります』(璧を全く損ねることなく持ち帰ります)と宣言し秦国へ向かいます。

秦国の都で昭襄王と対面した藺相如は、昭襄王が城を渡す気がないことを知ると、自らは秦国に残り「和氏の璧」を趙国へ返してしまいました。

秦国の家臣は怒り藺相如を処刑するように言いますが、藺相如の堂々とした胆力に感銘を受けた昭襄王は彼を趙国へ返し、また「和氏の璧」も諦めることにします。

藺相如の知と勇がよく分かる逸話ですが、秦国に赴く際の『璧を完うして帰ります』は「完璧」という言葉の語源にもなっています。

その後も藺相如と昭襄王の因縁は続きます。

藺相如は趙王と昭襄王が酒宴を開いた「黽池の会(めんちのかい)」でも持ち前の胆力と知で趙国の面子を守り昭襄王を懲らしめました。

昭襄王にとっては、藺相如は天敵のような存在だったと言えるでしょう。
 

趙国の名将・廉頗との刎頸の交わり

「キングダム」で同じ趙国三大天として名を馳せた藺相如と廉頗ですが、史実でも2人の仲を示す逸話が残っています。

当時、秦国を何度も撃退し趙国随一の名将であった廉頗は、口先だけで出世したと藺相如を妬み「藺相如に会ったら必ず辱めてやる」と所構わず言っていました。

これを知った藺相如は廉頗に会わないようにしていましたが、ある時、道で偶然廉頗に会いそうになり慌てて脇道に隠れました。

この態度に我慢の限界だった従者たちは「あなたを慕って使えていましたが、恥ずかしさも感じないあなたにはもう仕えることはできません」と詰め寄ります。

藺相如は「廉頗将軍より恐ろしい昭襄王を懲らしめた私が廉頗将軍を怖がっているわけがない。ただ秦国が趙国に攻め切れていないのは廉頗将軍と私がいるからだ。2人が争うことは趙国のためにならない。個人の恥よりも国を守ることを選ぶ」と従者たちに話し、感動した従者たちは頭を下げて謝りました。

そして、この話を聞いた廉頗も自らの行いを恥じ、藺相如の家を訪れると上半身の衣服を脱ぎ薔薇の鞭を差し出し謝罪します。

それを許した藺相如に廉頗は「あなたのためなら首を刎ねられても悔いはない」と誓い、藺相如も「私もあなたのためなら喜んで首を差し出します」と誓いました。

その後も藺相如と廉頗の仲は続き、2人が健在の間は秦国でも趙国は攻めきれませんでした。

「刎頸の交わり」という言葉の由来にもなったなんともかっこいい逸話ですが、いつか「キングダム」で過去の話として描かれるのを期待したいですね。
 

藺相如の遺言は今後信たちに影響を与える?

「キングダム」の作中ではもう死亡しているため、今後藺相如の活躍が見れるとしたら原先生が過去を描くときでしょう。

六将や旧趙国三大天が健在だった時代の話などはぜひ見てみたいです。

また藺相如の遺言は今後、信たちに影響を与える可能性はあります。列国を滅ぼしていく中で信たちに迷いが生じたときに藺相如の遺言を思い出す、そんな場面がいつか描かれるかもしれません。

作中では活躍の場面が少ないキャラクターも史実を知るともっと好きになり、「キングダム」がより一層楽しめそうですね!

Copyright© 孫子の兵法を学ぶ , 2019 All Rights Reserved.